ゴースティング

発音:

[ˈgoʊstɪŋ]

定義:

ゴースティングとは、交際中の人物が、何の説明もなく一切のコミュニケーションを断つ行為を指します。これはデジタル時代ならではの沈黙であり、初日に発生することもあれば、長年築き上げてきた交際相手とのデートで起きることもあります。これはプラトニックな関係でも発生しますが、感情や絆が強くなった恋愛関係では特に大きな苦痛を伴います。ゴースティングされた(または他の誰かをゴースティングした)人の数は、調査対象によって異なります。約33%の人々がゴースティングされたと報告しており、約25%の人々が他の誰かをゴースティングしたことを認めています。

連絡をせずに電話もテキストもなしで消息を絶つことは、決して目新しい現象ではありません。説明もなく捨てられるという心理は、他人をほとんど気にしない人々に働くとされてきました。しかしこの傾向は、今日のデート環境において過剰に一般化しています。感情的なダメージは、性別に関係なく長引くこともあります。デジタルソリューションによって、人との出会いや別れがクリックやスワイプで行われるデート環境が誕生しました。したがって、感情的な繋がりや礼儀が何年存在していようと、相手をゴースティングすることに抵抗がなくなっているのです。

ゴースティングを行う理由は、一般的に、連絡を絶とうとする際に、相手に対する共感が欠けているか、個人的な気まずさを感じていることにあります。修羅場にならないことは心理的な観点からも魅力的に映りますが、パートナーや友人へのゴースティングを繰り返すと、相手の気持ちに鈍感になってしまいます。

例:

ダイアンは約3ヶ月間ブルースと付き合っていました。彼らはマッチングサイトで出会い、週に数回デートに出かけていました。アプリを通じてオンラインでほとんど毎日連絡し合っていた仲です。ふたりはお互いへの忠誠を誓ったわけではなかったものの、彼女は少なくとも会話は続いているように感じました。そこで突然、ブルースはテキストやチャットメッセージを返さなくなります。何日経っても返事がないのに、彼が今もアプリにログインしていることを確認したダイアンは、音信不通にされたのだと悟りました。ブルースは興味を失い、一方的に連絡を断ったのです。